top of page

アイデアの出し方がある。

更新日:2022年11月19日



アイデアを出すには、アイデアを出す方法(How)を知る必要がある。

アイデアを出す方法は、経験則で様々な方法が提案されている。

しかし、古今東西、共通していることがある。


それは、「フッと思いついたことを全て書き出してみること」である。

アイデアが頭の中に残っている状態では次のアイデアが出てくる事は無い。

つまり脳のワーキングメモリーを常にリフレッシュすることが、次々とアイデアを出すことにつながる。


そのアイデアを出す場所にもポイントがある。


その場所は、ズバリ「水の流れる場所」である。

水が流れる場所では、アイディアが浮かびやすい。

例えば、トイレ、お風呂、シャワーの時などである。


アルキメデスが浮力の原理を発見した「王冠を水に沈める実験」でも

Eurekaと叫んだのはお風呂場でのことだった。


アイデアの出し方は、様々あるが、60分で読めて、一生離さない本をお薦めする。



アイデアは、「材料収集」→「材料の消化」→「孵(ふ)化」→「誕生」→「検証と発展」という過程で作られる、と。


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page